DHAとEPA

さまざまな健康効果が期待できるDHAとEPA

さまざまな健康効果が期待できるDHAとEPA

血液に問題があるっと健康にとてもよくありません。突然死に代表する心筋梗塞や脳卒中は血管が詰まったりする病気です。それを防ぐにはいくつかの方法がありますが、一般的に予防するとすれば血液をサラサラにしておくことです。血液をサラサラの状態にしておくには、野菜を中心とした食事に変えることなど食生活を見直すことやストレスをためず適度な運動をすることが良いと言われています。

そこで注目をあびているのがDHAとEPAです。これは以前にも話題になったものです。それが再び話題になっているのです。以前はDHAやEPAは頭がよくなると話題になりました。多くの受験生も飲んだことがあるのではないでしょうか。それが最近では血液をサラサラにする効果に期待されています。DHAやEPAまたさまざまな病気に効果があると言われています。例をあげるとアルツハイマーなど痴呆の研究や高血圧なども改善できると期待されています。それに花粉症やアトピーなども効果があると言われています。

サラサラの血液は健康に欠かせません。ということはDHAやEPAも欠かせないものです。これらは青魚にたくさん含まれている成分です。毎日新鮮な青魚を食べることは難しいです。手軽に摂るにはサプリメントが便利です。

どのDHAサプリを選べばいいのか?

DHAサプリが血液をサラサラにするのによいと分かったとして、毎日魚を食べるというわけにもいかないですからサプリメントを利用することを考えると思います。 DHAのサプリメントは有象無象様々なものが売られています。どれを選べば良いのか悩みますよね。 どのDHAサプリを選べば良いのか?

DHAサプリメントを選ぶうえで最も重要なことはDHAとEPAの含有量が十分足りているのかどうかです

引用元:DHAサプリメント人気NO.1【おすすめDHAサプリ特集】

やはりDHAの含有量がひとつの選び方の要素になります。各社結構含有量が異なるため、ある程度多く配合されたものが良いです。厚生労働省では毎日1000mgの必須脂肪酸の摂取を呼びかけています。摂りすぎるのも良くないですが、DHAとEPAの含有量が合計で400mgくらいは欲しいところです。DHAサプリメントおすすめ商品.com で紹介されている「きなりのDHA」であればDHAが452mg、EPAが52mgと十分な量を補うことができます。

DHA・EPAとは?

DHAとEPAはオメガ3系脂肪酸に分類され、高脂血症や動脈硬化を予防し、老眼はじめ眼の病気にも効果があります。DHAとEPAは共に人の体内で作ることができない栄養素で、イワシや鯖など青魚に多く含まれています。DHAには、脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病、うつ病や認知症の症状に効果があり、血液中の脂質濃度を下げ、眼の網膜や脳の働きを良くする働きをします。またDHAとEPAは脳の細胞膜を柔らかくし、記憶力・観察力を高めます。EPAには、体のトレーニングを行っている時に摂取することで、末梢への酸素供給能力が高まり、持久力の向上につながってもいます。他には過剰な免疫反応や炎症を抑える働きもあります。DHAやEPAの1日当たり摂取量は、年齢や性別に関わらず1グラム以上摂取するのが望ましいとされており、不足分はサプリメントで補うのが効果的です。サプリメントを主体として摂取する場合は、健康維持のためなら1日当たり400ミリグラム程度、生活習慣病を予防したいときは1グラムが目安となります。サプリメントを選ぶ際には、DHAとEPAが同時に摂取できるもの、酸化を防ぐ効果があるビタミンEが含まれているものを選びたいです。DHAとEPAは酸化しやすいため、一定の期間が経過すると効果が落ちてしまうからです。

更新